とっても!ラッキーマン

   

概要

“ラッキーマン”は1993年~1997年に週刊少年ジャンプで連載されたギャグ漫画だが、後半はバトル漫画にもなっている。

1994年~1995年にはテレビ東京系列でアニメ化もされている。

日本一ついてない中学生の追手内洋一(ついてないよういち)がラッキーマンに変身し、地球の平和を悪の侵略者からラッキーだけで守っていくというストーリーである。

 

 

 

登場人物

  • ラッキーマン:本編の主人公であり、実力はないがラッキーだけで悪に立ち向かっていく。変身前は日本一ついていない中学生の追手内洋一(ついてないよういち)である。
  • 努力マン:三本柱マンの子供の三兄弟の末っ子。何事にも努力を惜しまない。ラッキーマンに戦いを挑むが敗れ、彼の弟子となる。変身前は杉田努力(すぎた どりょく)。
  • スーパースターマン:目立ちたがる執念が凄まじいが実力はない。変身前は洋一の同級生の目立(めだち)たがるである。家が貧しく、弟の目立拓内(めだち たくない)、妹の目立真千子(めだち ませんこ)、馬のペガサスがいる。努力マンと仲が悪い。
  • 奇麗田見代(きれいだ みよ):愛称は「みっちゃん」。日本一美しい女子中学生であり、洋一が片思いしている。しかし洋一の不幸に巻き込まれることが多く、洋一を毛嫌いしている。
  • 不細工です代(ぶさいく ですよ):みっちゃんとは対照的に日本一醜い女子中学生である。洋一に片思いしている。
  • ヒーロー協会会長:ヒーローの認定をするヒーロー協会の会長。顔が「エライ」で構成されている。

 

 

 

筆者コメント

最初はギャグマンガだったのに後半からバトル漫画になりましたよね。